PhotoDiary365

日々のたわごと、出来事を写真とともに綴っています。


折り返しとはいえ

折り返し

今日で2014年の半分が過ぎたことになるね。
でも町内会長を仰せつかっているワタクシは
年度毎の改選になっているので
まだ四分の一しか過ぎていない。
たった三ヶ月の間に
いい意味でも悪い意味でも、
いろいろな経験をさせてもらっているよ。
これらの経験が将来に役立つとは思えないけどね。
スポンサーサイト

逆さカマキリ

逆さカマキリ

カマキリが逆さまのまま移動しているぞ。
キミは軽業師なのか、それともどこかの雑伎団か?
元々ワタクシ運動神経は悪い方でございまして
特に鉄棒は大の苦手でございました。
逆上がりができるまで
どれほど時間を費やしたことやら。
逆立ちも、自慢じゃありませんが
支えがないとできません。
カマキリくん、君は偉い!そんなことがよくできるもんだ。

見〜っけた

二番目

そんな奥に隠れていても
葉っぱを退ければ
見つかっちゃうよ。
明日の朝には
ぱ〜っと可憐に咲くのかな。
今季二つ目だね。

ロケハンという言い訳

ロケハン

何処かへ行ったついでに
会心の出来映えという写真は撮れませぬ。
今までの経験からして断言できます。
特に風景写真は自然が相手ですから
真摯に取り組まなければなりませぬ。
感性豊かで腕の立つ人なら
スナップ撮影でもサマになっています。
悔しいけど、認めざるをえません。
ワタクシが撮る風景は
いつもロケハン、つまり下見程度の写真です。
トホホ、グヤジイよ〜。

思いつきで

サンバー

ほぼ思いつきで写真を撮り
ほぼ思いつきのネタでブログ更新を続けています。
先日、WOWWOWで
「三丁目の夕日」「続・三丁目の夕日」を見ました。
そこで思いついてしまいました。
「そうだ、今日はこれにしよう」と。
生憎ダイハツ・ミゼットのカタログはありませんが、
他のものならあるよ。
それを引っ張り出してきて
昭和のよき時代にタイムスリップしてみました。
カタログはワタクシが少年の頃集めたものです。
中でもスバルサンバーのカタログはレアものみたいです。

河童の夢

葡萄のベイビー

キュウリをエサに河童を釣ろうと
雨の中、合羽を着て
河童橋のほとりまで行く途中に
カッパらいにキュウリを取られ
トボトボ歩いていたらかっぱ寿司があった。
カッパ巻きを注文したら
隣の客にそれは頼むなと喝破されてしまった。
知らないうちにカッパドキアにいた。
かっぱかぱの靴はどうにも歩きにくく
カッパー色のシューズに変えたら
難なくキュウリ(郷里)に戻れた。

写真は「葡萄の赤ちゃん」です。

「金」じゃなく謙虚に「銀」

銀森01


金と銀はいつも闘っている。
金と銀との差は僅差でしかない。
銅はどうして金や銀に勝てないのか
いつも悔しい思いをしている。

銀森02


松竹梅も闘っている。
客が選びやすいのは「竹」
ということは「銀」が一番無難なのかな。

銀森03

ひっそり、こっそりと

今年の1号

本日のタヌキ親子、
母親の姿は見かけましたが、
子狸たちは確認できず。
「あなた、ちょっとちょっと」
「何?たぬきが来たの?」
「咲いた、咲いたのよ、スイレンが」
今年第一号のスイレンの花です。

おっぱいチュパチュパ

おっぱいちょうだい

我が家の庭で生まれた
あの子狸たちはどうしてるだろ。
みんな元気にしてるだろうか。
ちょっとだけ心配していました。
そしたら今朝、タヌキ親子がやってきて
6匹ほどの豆狸たちは
芝生の上をピョンピョン跳ね回っています。
「かあちゃん、お腹減ったよ、おっぱい頂戴」
元気そうな母と子、でもお父さんの姿がありません。
どこへ行ってしまったのでしょうかね。
雲隠れならぬ狸隠れなのかな。

電車に乗って仇討ち?

吉良吉田行き

名鉄・津島線の上りの行き先は
マイナーな所が多い。
我が町から「吉良吉田」まで行く人なんかいないぜ。
吉良吉田を知る人は少ないと思うけど
吉良上野介を知らない人はいないはず。
「吉良吉田」行き電車は、
おのおの方忠臣蔵気分でござるぞ。
ただ、仇討ちされないように要注意だよ。

現代の二宮金次郎

芝刈りだよ

お婆さんは川へ洗濯に。
お爺さんは山へ柴刈りに。
ワタクシは庭の芝刈りを。

昔はどこの小学校にもあった金次郎の銅像は
すっかり姿を消してしまった。
歩きながらの読書は危険だからということだけど
寸暇を惜しんで勉学に励むという精神を具現化したものなのに
その行動だけを危険視して撤去してしまうのはいかがなものか。

歩きながらのスマホは危険だね。
今朝は教科書をハンドルの上に開いて
自転車に乗っていく女子高生の遭遇したよ。
危険行為であることは間違いないけど
勉学に勤しむ姿勢だけは評価してやろう。
その教科書は「保健・体育」だったよ。
現代版・二宮金次郎、いやキン子さんかな。

わさびソフト喰いてぇ

わさびソフト

暑くなってくると冷たいものが欲しくなりますねえ。
キ〜ンと冷えたビールは
疲れていなくても一日の締めくくりに最適でございます。
くそ暑くなる一歩手前の段階では
アイスクリームやソフトクリームがようござんすね。
中でもすり下ろした生のわさびをトッピングした
わさびソフトのおいしさは忘れることができませぬ。

まだかいな

まだなのかな

もう咲いてもいい頃なのに
今年はまだその姿を見せてくれない。
ひょっとして奥に潜んでいるかと
葉っぱをめくってみてもありそうにない。
♪ 捜し物は何ですか、見つけにくい物ですか♪
そんなことはありません、スイレンの花だから。

角と棘

棘がある

豆腐の角に頭をぶつけても
痛くも何ともありませぬ。
柔らかくても
植物の棘に触れると
こりゃ溜まらん。
角より棘の方が鋭いからなんだね。
だから棘のある言い方をする人は嫌いだよ。

何かに似ている

ヤブ蚊ロボット

深い意味はまったくございません。
ただ、何度見ても
センサーライトが
蚊のような顔に見えます。
ひょっとするとコイツは
ワタクシが苦手とする
ヤブ蚊の化身かもしれませぬ。

父の日、ちちの日

父の日

父の日になると必ずくだらんことが思い浮かぶ。
「ちち」というと脱脂粉乳を飲まされた世代は
本物の牛の乳が欲しくなります。
「ちち」に「お」などを付けると
別物になってしまうので要注意です。
でも大方の父はそっちが好きで
それが元となって子孫が出来、
やがて「父の日」につながるから
まんざら関係がないわけでもないね。
今日はちょっと悪酔いしたかな。

牛肉、喰いてぇ

柿安のチラシ

無性に肉を食べたくなる時があります。
「美味いものは身体に悪い」と
自制しているものの
「もうどうなってもイイ、食べたいものは食べたい」
いかんいかん、まだまだ修行が足りんのう。
今日は煩悩には勝てず、とうとう買いに走った。
でも身の丈に合った牛肉で妥協・納得することにしたよ。

爽やかな梅雨の中休み

コリウス、ナウ

湿気が少ない上に
風があるため爽やかに感じるね。
夏の北海道にいるみたいだよ。
こういう日は庭でBBQでもしたい気分。
でも年寄りばかりの家族では
野菜のおひたしや麺類でもすすって
草食主体にしておいた方が無難だね、トホホ。

中休み

中休み

今日は梅雨の中休みらしい。
オイラなんか年中休みだ。
ということは、たまに仕事でもしたら
休みの中休みってことになるのかな。

駄洒落じゃ

カメラ目線のカメ。
首を引っカメないで
くれないカメ。

みどり亀1


もういっちょ、
ウエルカムならぬウエルカメ。

みどり亀2


お後がよろしいようで。

はぁ〜い撮りますよ

ピカッ

ボクらが子供の頃は
「はぁ〜い、ここから鳩が出ますよ」
などと騙され、
ビカッ(ピカッじゃないよ)と光るストロボに
目つぶしをくらわされたもんだよ。
だから今でも集合写真は好きになれんなあ。

ストレス発散

グァウォ〜

心優しきワタクシは
どうしてもストレスが溜まりやすくなります。
どこかで発散させないと危険です。
一番簡便な方法はビールを飲むこと。
ビールのあとに焼酎、ワイン、日本酒などを
体内に注入すれば
大方のストレスはどこかに消えてしまうので不思議です。
♪ あし〜たがある あし〜たがある ・・・ ♪

ぽっ

ぽっ

シャラの花弁には
一カ所「ぽっ」と頬を染めたような柄があります。
友人のTさんは、これが可愛いと
こよなく愛でてくれます。
シャラがポッでシャラポアなんて駄洒落は言いません。
まもなく我が家はアジサイ屋敷になりそうですが
その前に、今週はシャラ・ウィークになれるかな。

三日坊主をクリアしよう

ギボウシとカマキリ

町内の用事がいつ起きるか分からず
遠出が出来るような状態ではないので
せめて「一日一押」くらいはしようと
朝か夕方にはカメラをぶら下げ
庭を一回りしています。
簡単そうですが、
被写体がそれほどあるわけでもなく
三日続けるのは
案外難しいもんです。

至福の時間

癒やされる

初夏は庭が緑色に染まって一番いい季節です。
起き抜けに新緑を眺めながら飲むコーヒーは
一日の元気の源に。
ビールをやりながら見る緑の絨毯は
その日の疲れを癒やしてくれます。
なんちゃって。

タマネギ

特別なタマネギ

誰がどう見たってタマネギです。
やせていても太っていても
タマネギはタマネギ。
でもこれは特別なタマネギ。
弟が家庭菜園で穫ったもの。
格別な味がするオンリーワンだぜぇ。

アリストロメリア

今朝のアリストロ

朝穫りの野菜はおいしいと言うけれど
花の写真も朝撮りの方がイイみたい。
昨日の夕方には蕾だったアリストロメリアが
今朝はしっかりその存在をアピールしているよ。

ポコポコ、ピュ〜、パッ

あじさいポコポコ

ワタクシ、擬音が好きです。
意味不明な言葉も好きです。
造語も嫌いではありません。
昔、アマチュア無線をやっていたころ
夏場の夕方はまだ日が高く明るかったので
「こんにちわ」と「こんばんわ」をくっつけて
「こんばんちわ」と言っていました。
そんなことはさておき
もし擬音で会話が成立したら面白いのにね。

無視できんぞ

無視できん

小さな虫だからと言って
無視できる場合とできない時がある。
若葉が成長しようという時期に
厄介な虫が付着していると
無視するわけにはいかない。
若葉をムシャムシャと食われてなるものか。
あっちへ行け〜ぃ。

きっと水が欲しいんだろうね

薄水色に

これだけ暑いと庭の草花たちが心配だね。
人間さまは自力で熱中症対策ができるけど
植物たちはひたすら耐えるより仕方がないんだろうね。
アジサイさんたち、もう少しの辛抱だよ。
そのうちに毎日たっぷりの水分がもらえるよ。

« »

06 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Sancho3104

Author:Sancho3104
FC2ブログへようこそ!

ご訪問ありがとう
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login