PhotoDiary365

日々のたわごと、出来事を写真とともに綴っています。


きた〜ッ!

きた〜

アジサイが花を咲かせる体制に入った模様。
ということは、梅雨が近づいているということだね。
お願いだから、もうちょっとの間、
爽やかな日々を過ごさせてちょ。
スポンサーサイト

連休に入ったとな

監督

巷ではゴールデンウィークになったと
騒いでおるようじゃな。
大いに遊んでくれたまえ。
だが働いておる人間もいることを
忘れないでほしいのお。

こんな感じ

去年のふじ

今年はまだ撮影していません。
聞けば、地元の藤は
もう満開だそうです。
きっとこんな感じかな?

え〜っ、もうGWなの?

ゴロネウイーク

月並みだけど
月日が経つのは早いねえ。
もう月末なんだねえ。
明後日からGWなんだね、
どこへ行っても混雑するから
ゴロネ・ウイークにしよ〜っと。

和のテイスト

和のテイスト

アレのシンボルマークが
ようやく決まったようです。
すごいなあ、とは言えないけど
見慣れてくれば
納得できるようになるのかな。

あっちへいこう

あっちへ

植物は太陽がある方へ
伸びると思っていましたが
必ずそうとも言えないようです。
写真の右側は日陰です。
それとも誰かが
あっちへいこうと言い出したのかな。

ゆっくりいこう

ゆっくりポチポチ

余所様のモッコウバラは
今、モッコモッコと咲き誇っているのに
我が家のは、ポチポチ。
慌てることなんか要らないよ。
みんなと一緒じゃなきゃいけないってことはないしね。

スクスクいこう

どんぐりの若葉

拾ってきたドングリは
三年も経てばご覧のとおり。
大きくなったら山へ返すつもりだけど
もうちょっといてほしいから
ゆっくりスクスク育ってほしいね。

明るくいこう

モッコウ明るめ

気分転換に
露出補正を明るめにして
撮ってみました。
炭酸の抜けたビールみたい。
でも、フェミニンな感じは
してるかな?どうかな?

ダジャレが出ない

輝き新芽

熊本の大震災から
もう一週間が経つね。
被災の模様を毎日見ていると
ダジャレが出てこなくなるよ。
ダジャレは平穏のバロメータだね。

ワタクシの監督さん

助言

「あなた、これ撮ってぇ」
うちの奥様は写真を撮っていると
たま〜に指図してくれることがあります。
助言は正直言って助かります。
こりゃ、「馬から落ちて落馬した」ではないか。

ウ〜ム

ウメッシュ

「奥様、頼みがあるんだけど」
「なあに〜」
「頭をトンカチで叩いてチョ」
「いやよ、そんなこと」
「何も閃いてこないから、コツンとしてチョ」
「まあ仕方がないわね〜」
ゴツ〜ン!!!
「あなた、どうしたの?大丈夫?」
叩き方が・・・ウメッ〜シュ!!

ゆるキャラ

きんちゃん

弥富市のイメージキャラクターは
産地である金魚をモチーフにした
「きんちゃん」だそうです。
正面からでは何者か不明で
横向きになってもらいました。
ワタクシ、カップラーメンは
「金ちゃんヌードル」が好きです。
関係なかったね、失礼しました。
ところで、「くまモン」は大丈夫かな。

雨が上がったら

水遊び

青空が広がってきたら
途端に暑くなってきた。
黄砂まみれになった車を
洗っていたら大汗をかいてしまった。
公園の子供たちは
きっと水遊びしてるだろうな。
オジサンはビールにするけどね。

どこへ行ったの?

くつくつ

子供たちは
ちょっと暑いと水遊びに夢中だねえ。
大人の火遊びは熱くなると危険だけどね。
くつがクツクツ笑ってらぁ。

「吉」でめでたい

たろ吉

ねずみ小僧はジロ吉でぇ、
接骨院のうさぎはタロ吉だぜぃ。
そこにいる兄弟は
大吉、中吉、小吉だってぇ、
そりゃめでてぇねぇ〜。
ところで、そっちのつるんとした
冷たそうな顔をしたのは誰だ〜ぁ。
えっ?なに?加ト吉だって?
お後がよろしいようで。

早くも降参

尾高キャンプ

春のそよぐ風は
心地よいものですが
花粉症の人には大敵です。
ちょっと強い風が吹くと
瞬く間に車の表面は黄砂で覆われ、
しょっちゅう洗い流さなければなりません。。
黄砂には、もう降参だ。
※写真は先日の仲間内キャンプの風景です。

モッコウバラ

もっこう

もっこうだって言うから
わたしゃ、てっきり
木製なのかと思ったよ。
木工細工は好きだからね。
それとももっこもっこと花が咲くのかな。

にょきにょき

にょきにょき

植物の生命力には「びっくりぽんや」
枯れ葉になって
スッポンポンだったケヤキの木に
若葉がにょきにょきと
顔を出してきました。
オイラの前頭部は
春になっても毛が生えてくる気配なし。
♪ この ひろ〜い のはら いっぱい ♪
何とかならんものかねえ。

連鎖反応

並木

こういう風景を見ると
メタセコイアじゃなくても
「冬ソナ」を思い出すね。
今にしてみれば
あの粘っこいドラマを
よく見ていたものだと思うよ。
「よ」のしりとりは…「ヨン様」
アホか…お前は…アホちゃいます…パアです。

ホーホケキョ

声だけ

声はすれども姿は見えず
ほんにお前はヘのようじゃ。
いえいえ、ヘではありませぬ。
ヘイでもありませぬ。
ウグイスがこの下あたりに居るはずです。
春の野山もいいものだね。
ホーホケキョ。

松尾不精の独り言

ぶしょう

突然でござるが
不肖、不精者の松尾不精でござる。
俳句で有名なあの御仁とは
まったく関係のない者でござる。
自分で言うのも何だが
とにかく面倒臭がりと自負しておる。
出不精、筆不精、
おまけに無精ひげまで伸びてきておる。

芭蕉の句に
「春たちてまだ九日の野山 哉」とあります。
というわけで、これから野山に出かけます。

※花菖蒲の写真なら
「しょうぶ」と「ぶしょう」のダジャレができたのにね。

見納め

見納め

今日通ってみたら
昨日の雨でさくらさんたちは
悲しげな姿になっています。
多くの花びらが落ちてしまいました。
これぞ「サクラ・ドロップス」です。
朝の「とと姉ちゃん」のテーマを歌う
宇多田ヒカルに因んでみました。

さくら〜っ!!

誘惑

朝から雨が降り続いています。
昨日見た桜さんたちは、
今頃散々な目に遭っているんじゃないかな。
中でも気になるのは
「ねえ、寄ってらっしゃいよ」と言わんばかりに
甘い誘いを仕掛けてくる桜でした。

宙ぶらりん

花びら、ぶらり

「この桜吹雪が目に入らぬか」
「桜吹雪ってなあ〜に」
「ほら、拙者の背中の彫り物だ」
「おじさんのタトウ、かわいいじゃん」
「あのな、おじさんはやめてくれ、お奉行と呼んでくれ」
「お奉行ってなに?鍋の番する人?」
「だめだぁ、こりゃ。これにて一件落着」

色、いろいろ

いろいろ

♪ 人生 いろいろ ・・・ ♪
いろいろあるのは仕方がないけど
なるべく平坦であってほしいね。
♪ ・・・ 咲き乱れるの〜 ♪
いろいろ心移りするのは
歌の世界だけにとどめておいてチョ。

にゃんともにゃらん

過ぎたるは

このスギナ、多過ぎない?
一旦成長すると
根っこを深く張り巡らすので
始末をするのが大変だ。
引っこ抜いても、また伸びてくる。
ええ〜い、スギナようにしてくれ〜。

笑えない

笑えない

ワタクシのギャグは寒くなるけど
近頃のお笑いはちっとも笑えない。
お笑いの大御所と言われる人でも
本人が笑っているだけで
どこが面白いのか分からない。
これも歳のせいなんだろうか。

ところで、先頃放映された
「ガリガリ君」値上げのCM。
今はなき高田渡さんが
歌っているとしか思えなかったので
調べてみたら、やはりご本人だった。
1971年の曲で
タイトルはずばり「値上げ」!
これは素直に笑えたね。

アクビは移る

あくび

どうしてなんでしょう。
ま、移ったところで
これといった問題が
起きるわけでもないし
アクビが出そうな
退屈な話で申し訳ない。

夢で会いましょう

夢でもいい

買わなきゃ当たらない宝くじ。
買っても当たらない宝くじ。
当たったためしのない宝くじ。
当たった夢をみたことあるけど
確かめてみたら逆夢だった。

« »

04 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Sancho3104

Author:Sancho3104
FC2ブログへようこそ!

ご訪問ありがとう
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login